効率の良い発電を促すことが可能なジオサーマルパワー


昨年設立されたばかりで、再生可能エネルギーを
事業の軸とするジオサーマルパワーがあります。
地熱発電の再生可能エネルギーを引っさげて、
温泉旅館の経営者の方に効率よく発電できるということを
プロモーションしていくのが、
ジオサーマルパワーの営業スタイルです。

ジオサーマルパワーはまだまだ新参者な会社のため、
事業が安定的に維持するためには多少の時間を要してしまいますが、
必ずや再生可能エネルギーを軸とする会社の中で、
随一のリーディングカンパニーになることは間違いないでしょう。

ところでタイトルにも書かれているように、
バイナリー発電は一体どのような
発電方法なのか気になるのではないでしょうか。
これは従来の地熱発電の運用・管理面の煩わしさを取り払った、
ハイユーティリティが特徴な発電システムとなっています。

ちなみに、ジオサーマルパワーが行っている
バイナリー発電の溶解で用いられている資源は、
主に代替フロン・ペンタン・アンモニア・水などが挙げられます。
再生可能エネルギーは、以前から政府が積極的に
活用すべきと議論が活発化され続けています。

3年前に起きた東日本大震災を発端に、
原子力発電所の再稼働停止に伴い、地熱発電の需要が増えました。
これにより、地熱発電を買い求めるお客さんが急速に増える可能性があります。
日本は世界の中でも有数の資源大国なので、地熱発電だけでなく、
今後の日本の未来のため有効的な発電方法を確立して欲しいと思います。